2016年度を振り返って

受験の結果が全て出揃いました。
第一志望に無事合格した生徒、
第一志望には届かなかった生徒、
どちらもいらっしゃいます。

合格したのは生徒の努力と資質。
不合格になったのは全ては私の力不足ゆえです。

これはきれいごとでもなんでもなく、
不合格になるであろうことを見抜ききれなかった、
また適切な志望校にリードできなかった原因は全て私に帰着します。
本当に申し訳ないのと同時に、
現時点での私が出せる限界は出したという気持ちもあります。

何の慰めにもなりはしないかもしれませんが、
不合格の悔しさは必ず次への飛躍のバネになります。

ですから、次年度はそんな気持ちをお互いが感じずにすむよう、
地道に地道にお互い精進するしかありません。
今年よりもパワーアップするしかありません。

より生徒の気持ちに寄り添えるように、
より保護者様のお気持ちを汲めるように、
より一緒に高みを目指せるように、
より充実感を感じてもらえる場所となるように、
今年も全身全霊で励みます。

2017年03月22日