自習のすすめ

私は他人に物事を強制されることが非常に嫌いです。

勉強もまた然りです。

許されるルールの中において、自由に創意工夫をすることが大好きです。

 

ですから、塾生を宿題や課題で縛り付けることは致しません。

 

保護者の方にとっては時に強制的な指導に対して、

頼りない子どもの姿勢を正してもらおうとすがりたくなる気持ちは重々分かります。

 

ですが、私は絶対に強制はしません。

 

理由は2つです。

1つ目は私がそのような指導をされれば強烈な拒否反応を起こすという事

2つ目は強制的な指導の効果はせいぜい持って2年

という理由です。

 

人生のピークが高校受験・大学受験であるというならば、

そのような指導の方が良い生徒もいるかもしれません。

 

ですが高校受験を塾に頼りっぱなしだった中学生の99%は大学受験まで力が持ちません。

ものの見事に勉強する習慣を高校入学から高2の夏までに崩し切ってしまいます。

本来の力をそのまま発揮できれば国公立でも難なく通るような生徒でも、

最終的には中堅私大や専門学校へ流れます。

やりたい事がそこにあるなら全然良いんですけどね。

ほとんどの場合は受験への逃げからの選択になります。

 

一方、自分で自分を律することを中学生の間に学んだ生徒は、

山も谷も作らずスーッと大学受験まで進みます。

しかも部活や習い事も十分に堪能した上で。

 

結局、金銭はもちろん精神的な面も含めたトータルコストでとらえた場合に、

どちらを選びますかという話です。

 

授業でもそれ以外でも口酸っぱくして言ってますが、

【自習】が全てです。

中1になりたての生徒はテスト前に強制もしないのに自習に来始めてくれました。

せっかく気持ちを奮い立たせてきている自習を実りあるものにしたいので、

写真の様な自習管理シートを自習に来た生徒には持たせています。

 

私が見るのは右端の自己評価欄です。

A・・・よくできた

B・・・イマイチだった

C・・・全然ダメだった

です。

 

Bが付けばもっと伸びるんやけどな~

と思いながら指導しております。

2016年05月12日