一歩前へ

大多数の人にとって何気なく苦しいもの

それは、

「○○をしないといけないな~」

と躊躇している時の心のモヤモヤ感じゃないでしょうか?

 

「勉強しないとな~」と思っている時のテレビは面白くない

「仕事しないとな~」と思っている時のご飯はおいしくない

そんな気持ちありませんか?

 

要は分かっちゃいるけど面倒くさい。

こういう状態が一番何をしていても楽しくなく、また常に何かに追っかけられているような

鬱々した気分になるものだと思います。

 

これを打破する唯一の方法

それは「ええーい!」と一歩前に出てみることだとと思います。

(いっそ思いっきり逃げるという手もありますがこれは最悪の状況の切り札に取っておきましょう)

 

宮本武蔵が残したとされる言葉にこんなものがあります。

「切り結ぶ 太刀の下こそ地獄なれ 踏み込み見れば あとは極楽」

解釈は諸説あるようですが私が思うに、

 

カチンカチンと刀の先っぽがぶつかる距離ぐらいが一番地獄のように怖い

いっそ一歩踏み込んでみれば、相手の刀も近すぎて切れないぐらいの距離でなおかつ攻撃し放題だ

 

こんな感じでしょうか?

 

「嫌やな~やりたくないな~」

そう思うことほど真っ先に手を付ける。

しかも徹底的に。

そして、あとは気兼ねなく自由な時間を謳歌する。

 

これが意外と人生を快活に過ごす秘訣なのかもしれません。

 

2016年01月15日