目の付け所

トップページの写真をみて、真ん中の可愛らしい紙に目が留まったあなた!

目の付け所がシャープです!

 

これは東京大学発のベンチャー企業が開発した「回路マーカー」なるもの。

導電性を持つ銀の粒子のインクが詰まった特殊なマーカーペンです。

要は回路をペンで書けてしまうのです!

これは文字で書くとあまり伝わりませんが実物を見るとすごい技術です。

(小中学生の理科の授業がガラッと変わる可能性を秘めていますから!とある県の公立中学校では既に実験的に導入されてます!)

 

そして僕はこれをベトナム向けに輸出したりもしています。

ひょんなことからベトナムと関係を持ったのを良い機会に日本の素晴らしい技術を海外に広めるべく活動しています。(ちなみに他にも色々してますが詳しくは塾生だけの授業のネタに)

写真はベトナムのサイゴン工科大学で展示会をしている様子。

アオザイがベトナムっぽいですね~

新しいものに爛々とした目で食い入る様子。

ベトナムはよく日本の30年前の雰囲気と言われますがまさにそんな感じです。

なんてったって国民の平均年齢が28才ですからね~

少子高齢化がテーマの日本とはそりゃ勢いが違います。

こういう勢いある国と関わりを深めていくことが、今後の日本人には大事なんじゃないかなと

個人的には思います。

 

「東大合格○○人!」を謳うような予備校ではなく、

「東大卒の人たちはこんな素晴らしい技術を開発して世界へ羽ばたいてるんだよ」ということを伝えられる塾になれればいいなと思います。

 

回路マーカーが気になる人は塾にいくつか在庫を置いてますので実際に回路を書いてみてください。

理科の実験はかくあるべしというのが実感できるのではないでしょうか。

 

2015年12月04日